トラクターの買取方法

ここ近年、農業を営む人が減少しており、利用しなくなった農機具を売り出している人が増加しています。しかし、トラクターをはじめとした農業機械は一般的な中古自動車や中古バイクとは異なるため、売り出しの際トラブルに発展することも少なくありません。ここでは、そんなトラクターといった農機具の買取を考えている方に、役立つ情報をいろいろとご紹介します。

廃業に乗じて、農機具を売り出す人も少なくないでしょう。農機具に掛かるコストは1,000万円以上する場合もあるため、不要になった農機具はなんとしてでも高値で売却したいものです。しかし、農機具を買取するには、国内再販が可能なものと海外輸出のみしか可能でないものと分かれています。

例えば、あなたが不必要なトラクターを専門業者に買取依頼するとします。買取対象のトラクターが製造してから15年未満だった場合、国内での再販が可能となります。しかし、製造から15年を超えていた場合、国内での再販が不可能となり、専門商社を通じて、他国へ輸出する方法になります。しかし、農機具の中でも有名メーカーが製造した農機具は、製造から15年以上経っていても、買取できる可能性があります。そのため、製造年数は1つの物差し程度ですが、高値で買取するためにも重要となります。

また、農機具の製造年代によっては、高値で買取してくれる業者は異なってきます。例えば、比較的新しいトラクターを売却した場合、近隣エリアにある農機具店よりも全国的に販売している業者の方が査定額が高値になる可能性があります。逆に、古いトラクターの場合は、専門商社に買取した方が査定額が高値になる可能性があります。

Pocket